第59回 2019年度クラブチャンピオン戦 3rd Round 準決勝

Category: Topics

第59回 2019年度クラブチャンピオン戦 3rd Round 準決勝

 

ここ最近の朝晩の冷え込みで長ズボンを探すのに

一苦労された短パンゴルファーも少なくないはず。

また長袖を探すも見つからず、よくよく考えるとそう言えば日本に持って帰ってた。。。

そんな中、決勝進出をかけ3rdラウンドが行われました。

結果は工藤選手と平野選手が勝ち進み決勝戦で激突となります。

両選手、今年の5月に行われましたクラブカップ戦でも準決勝で戦っております。

クラブカップに続き工藤選手の連勝となるか、はたまた平野選手が雪辱を果たすか、

今週日曜日開催の決勝戦は目が離せません!!

両選手、また月例会参加の選手の皆様も体調管理に気を付け、

万全のコンディションで15日(日)に臨んで下さい!!

 

工藤選手vs坂田選手ハイライト:

1Hを分けとして迎えたPar5 2H、工藤選手がしぶとく取り1upとします。

ここから工藤選手が2連続パーで奪取し3upと大きくリードを広げます。

一方の坂田選手は調子が上がらずこのままズルズルいきそうな展開ですが、

難しい上がり2ホールをきっちりとパーで締め、

前半は工藤選手1upリードで折り返します。

工藤選手追い上げられますが気持ちを切り替えた10Hを手堅くパーで2up。

その後11、12Hとお互い譲らず迎えたやや打ち上げのPar4で工藤選手チップインバーディー!

これが決め手となり3&2で工藤選手が決勝に駒を進めました。

 

平野選手vs石橋選手ハイライト:

両選手スタートをパー発進で分けとします。

しかしラムのロングは癖が強い、石橋選手痛恨のボギーで平野選手1up,

4Hも平野選手が取り2upとします。石橋選手はショットをややひっかけ気味です。

これ以上離されたくない石橋選手、5Hで1つ戻します。

しかし平野選手は巧みなアプローチパターで7,8Hを連続で取り前半3upで折り返します。

後半10Hで平野選手が先に取りこのまま勝負ありかと思われましたが、

石橋選手が11Hで取り返します。

その後は両者一歩も譲らないシーソーゲームとなりましたが、

16Hで平野選手がParとし勝負あり。4&2でした。

2019年12月17日

Viewed 376 time